自宅や会社で使える圧着ハガキの裏技

圧着ハガキ、というものをご存知でしょうか。この言葉にピンとこなくても、はがきの裏側のシールを剥がして内容を見るタイプの郵便物、といいますと一度は目にしたことがある、または自宅やオフィスに届いたことがあるという方がほとんどでしょう。その多くはダイレクトメールに利用され、特徴として裏面が折りたたまれた幾重かの面を特別なのりで接着していることから、一通に書き込める情報量が通常のはがきより多くなること、そして、受け取った人だけがシールを剥がして裏側の内容を見ることが出来るという特別を持っており、しかも剥がすのは簡単で、指でつまんで引っ張るだけという手軽さですから、届けばつい開いてしまいます。このことから、店舗や企業のお知らせやセール情報に利用されることが多くなっているのです。

圧着ハガキを選ぶメリットとは何でしょう

まず、封筒や通常のハガキといった方法ではなく圧着ハガキを選ぶメリットをご紹介しますと、大きなメリットの一つに、コストパフォーマンスが高いということが挙げられます。接着面にも情報を載せることが可能ですから封書に匹敵するほどのデータを入れられることが期待でき、それでいて送付にかかる料金は封書を郵便で送るより安くなりますのでコスト面で非常に良いと言えるでしょう。また、送付前に封筒へ入れて糊付けするといった作業がなくなり人件費の削減に繋がります。これについては入れ忘れや入れ間違いも無くなって安心です。次に、記載される内容の機密性がメリットとして挙げられます。内側の面に書かれた内容は受け取った人がめくらないと見えませんので、はがきサイズでありながら個人情報にかかわる記載も可能です。

目に留めてもらう為におすすめの方法です

ここまでご紹介した内容とはちょっと違った側面から見たメリットに、開封率の高さが挙げられます。その理由として、圧着ハガキは開封する際にハサミもカッターも必要とせず、指先でつまんで開くだけで済むことがあるでしょう。そして、受け取った人の心理として、開く瞬間に伝わってくる感触の心地よさや、ちょっとしたワクワク感から、ポストから出した後家に入ったらつい開いて見てしまうのです。ですから、圧着ハガキを使ったダイレクトメールやお知らせは、ハガキだと裏返すだけで見えますが情報量に限りがある、封書では多くの情報を送付できるけれど興味を持ってもらい開くまでにひと手間あるので開封率が低くなりがち、といった特徴の良いところをとった手法と言えるでしょう。効率的なダイレクトメールをお探しでしたら、一度ご検討ください。