本当はこんなに使える圧着ハガキ

葉書にはいろいろな物がありますが、デザインや質感などの違いではなく、中身の文章を確認できないようにしている葉書があります。ほとんどの方が一度は受け取ったことがあると思いますが、それは圧着ハガキというものです。見た目は通常のはがきと同じ形なのですが、引っ付いて二つに折りにたたまれている面のある形式の郵便物です。これは、葉書の中身を外からは見られないような配慮をしているハガキで、受け取った経験がある人も多い郵便物です。中身の文面が受取人にとっての個人情報の内容であったり、公的な機関から重要な文書が送られてきた場合、パスワードや暗証番号などが記されているような時には、この圧着ハガキを利用することで、文面が見えないような配慮ができます。折りたたまれている面に書いて内側に閉じてしまえば、外部からは見ることができないメリットがあります。

圧着ハガキは受け取る側に安心感を得てもらえる

圧着ハガキを受け取った時は、受取人が内側に貼り付いている部分を手で軽く剥がすことで内容を見ることができます。こちらから剥がすようにと印が付けられていることも多いですので、迷うことなく葉書の端の部分を簡単に剥がすことができ、ハサミで切ったり手間もかからずに中を確認することができる点では便利です。このようにすぐに剥がせるは、中の面が特殊な専門のニスや糊などで貼り付いているからです。受取人が手にしてから、自分で剥がして中を確認することができて、個人情報の漏洩を防いだり、セキュリティー面の観点からも優れた仕組みになっています。このような葉書で受け取れば、多くの方も安心をされますので、葉書を出す時には中身や内容の重要度によって、こういった圧着ハガキや普通ハガキを上手に使い分る企業などが多いのです。

圧着ハガキを上手に利用すると内容を見てもらえる

このように圧着ハガキを利用することで、企業も契約の内容や請求書関係などといった個人のプライバシーに関わる文面でも書くことができますので、送る側にも情報が漏れてしまうというストレスが無くなります。配達する時や手にした他人に見られるような心配がないので、とても便利な仕組みです。またハガキの中身を見る時にスムーズに剥がせるのも、受け取る側には手軽なので助かります。業務で多くの圧着ハガキを扱う時にも支障が出ないメリットがあります。また受け取った人が、剥がして中身を見たいと心理的に思わせるのもメリットのひとつです。是非とも相手に読んでもらいたい時などは、このようにあえて中身を剥がして確認させるような形で郵便物を送るほうが、結果として関心を示してもらえず捨てられるハガキよりも、見てもらえる確率が上がります。