そもそも圧着ハガキってどんなハガキか

二つ折りの用紙の内側に伝えたい用件を記載して、特殊な糊を塗布し、圧力をかけることで接着するハガキのことを 圧着ハガキといいます。圧着ハガキは、一度剥がしてしまうと再び貼り付けることはできないものの、剥がすのは簡単です。また、圧着ハガキは接着されている部分を剥がさないと中の情報を見る事が出来ない為、個人情報が記載されている場合や公共料金の請求書など受取人だけに知らせたい情報を記載する際に特に最適なハガキです。また、用紙が折られている圧着ハガキは、通常のハガキよりもより多くの情報を記載することも可能であるなどの特徴もあります。そんな圧着ハガキには、圧着加工の方法や折り方などによって、先糊圧着方式やPP熱圧着方式、二つ折りにZ折りなどいくつかの種類に分類されていますが、用途によってさまざまな場面において活用することができます。

種類別 圧着ハガキの長所と短所

圧着ハガキは、圧着加工の方法や折り方によっていくつかの種類に分かれていますが、それぞれの種類によって長所や短所も異なります。例えば、用紙に糊が塗布された専用用紙に印刷・印字し圧着加工する先糊型圧着ハガキは、圧着ハガキの中でも多量生産に最も優れているという特徴がありますが、接着剤が塗布されていることから写真やイラストを添付した場合その部分が劣ってしまうなどのデメリットがあります。また、普通用紙に印刷・印字後フィルムでラミネート加工し擬似圧着加工するフィルム型圧着ハガキは、圧着ハガキの中でも最も写真やイラスト部分も綺麗で、品質も安定しているという特徴がある一方、他の圧着ハガキと比べてコストが割高というデメリットがあるため、圧着ハガキを利用する際は、それぞれの種類の特徴やメリット・デメリットについても知っておくことが大事です。

圧着ハガキはさまざまな場面で活用できる!

圧着ハガキの活用方法というと、公共料金やクレジットカードの請求書、契約内容など個人情報に関する内容を記載しているものと思っている人は多いですが、圧着ハガキはほかにもさまざまな場面において活用することができます。中でも最近多いのが、商品の宣伝や会員向けのキャンペーンといった宣伝や告知を目的としたダイレクトメールです。圧着ハガキは、通常のハガキと異なり、二つ折りやZ折りなど折り方によって、記載できる情報量も大きく変わってきます。そのため、通常のハガキよりもより詳しく商品の宣伝や、キャンペーンの告知を行うことができます。また、近頃はドラッグストアなどお店に持って行けば割引クーポンとして利用できるものとして活用している企業も多く、圧着ハガキは集客率アップにも効果的な方法の一つといえるでしょう。